自分で調査

素人でもGPSを使えば浮気調査ができる?選び方や使い方を解説

更新日:

GPSのバレない活用術

「もしかして主人(妻)が浮気してるかも…」と一度気になりだすと、なかなか疑いは晴れません。
どうにかして証拠をつかめないかと考えるでしょう。
そんな時、真っ先に考える手がかりが「パートナーの行動」ではないでしょうか。

妻は昼間何をしているのだろう

主人の残業が最近多くなった

など、自分が一緒にいない間何をしているのかを知る、最も簡単な方法がGPSを使うことです。

ですが、「GPSなんて使ったことないし自分でできるものなんだろうか」と悩んで、ふみ切れない人もいるでしょう。

そこで、自分でGPSを使って浮気調査ができるのか、GPSにはどんな種類があり、どのように使うのかを解説していきます。

また、GPSを使う時の注意点なども合わせて解説していきますので、しっかり把握しておきましょう。

おすすめ機種をすぐ知りたい方はこちら

この記事の目次

GPSって一体何?どんな浮気調査ができるの?

GPSを使ったことのない人にとって、真っ先に「?」が出てくるのが「GPSって一体何なの?」ということではないでしょうか。

そこで、GPSを使うことでどんな浮気調査ができるのか、どう利用するものなのかなどを解説していきます。

GPSでパートナーの行先を追跡できる

GPSで相手の居場所を検索GPSはパートナーの現在地やその日の行動、行先などを追跡することができます。
ですので、尾行や張り込みをする必要がなく、情報を正確に解析すれば浮気現場を特定することができます。

尾行や聞き込みの必要がないため、ピンポイントで浮気の証拠となる写真を撮れる場所で待ち伏せできるのです。

GPSを使って浮気調査しやすいのは車やバイクなどで移動する場合!

GPSはパートナーの行動を追跡できますが、GPSを使える場合と難しい場合があります。

GPSを使って浮気調査をしやすいのは、パートナーが車やバイクなどで移動する場合です。
自家用車やバイクを使っている場合は、GPSを設置しやすいので浮気調査として使えます。

ですが、パートナーが徒歩移動の場合は、普段持ち歩くカバンなどにGPSを仕掛けなければならないため、発見される可能性が高くなり調査が難しくなります。

ですので、GPSを使った浮気調査は車やバイクで移動している場合の方がバレる確率も低くなり成功しやすいでしょう。

徒歩移動でも仕掛けられないことはありませんので、その方法は後述しておきます。

浮気調査でGPSを使う場合の方法は2つ!メリットやデメリット

スマホで地図を見る浮気調査でGPSを使う場合、自分で用意するなら「購入する」か機器を「レンタルする」かのどちらかになります。

購入する場合、レンタルする場合、それぞれにメリットやデメリットがありますので、どちらでGPSを手に入れるのかをしっかり把握しておきましょう。

おすすめ機種を先に読みたい方はこちら

GPSをレンタルした時のメリットとデメリット

GPSをレンタルした場合のメリットは何と言っても機器の性能が抜群に良いということです。

GPSにも色々な種類がありますが、高性能のGPSを購入するとなると10万円を超えるものも多々あります。

ですが、自分で準備するのに10万円を超える出費はかなり辛いと思いますので、これだけ高性能な機器をレンタルで2万円程度で借りれるのは大きなメリットとなります。

レンタルについての詳細は後述していますので、ご参照ください。

そのほかにも、

  • どのような調査をするのか目的に合ったGPSを借りることができる
  • GPSは浮気調査が終わると不要になるため、購入するとお金の無駄使いになるがレンタルなのでその心配はない
  • GPSを取り付ける際に必要な磁石や偽装などはすでに処置済み

などが挙げられます。

一方、レンタルすることで生じるデメリットは、

  • 借りる期間によって購入するより若干割高になる
  • レンタルさせてもらえる機種に限りがある
  • レンタル期間のみ貸してもらえるので期日を過ぎると返却しなければならない
  • GPSの紛失・故障などは契約内容によって弁償しなければならない

などがあります。

レンタルの場合性能が良いGPSが多いため、もし紛失や故障となった時はかなりの出費となるでしょう。
ですが、レンタルの場合プロが使っているものが多く、自分で購入するものより性能が高いため、パートナーの追跡や機器の扱いもラクにできます。

GPSを購入した時のメリットとデメリット

自分でGPSを準備する場合、レンタルだけではなく購入するという方法もあります。

もちろん、レンタルするGPSに比べて性能は劣ると思いますが、購入する場合のメリットも色々あります。

  • 自分が使いやすいと感じたものや気に入ったものを購入できる
  • 返却する必要がないため期限を気にする必要がなくいつまでも使える

などが挙げられます。

もちろん、購入の場合もデメリットはあり、先程お話ししましたように

  • 機器の性能が劣る
  • 高性能のGPSは高額
  • GPSを仕掛けるための磁石や偽装を自分でしなければならない

などが挙げられます。

レンタルと購入それぞれのメリットとデメリットまとめ

とりあえずパートナーの行動や行先が気になるという程度であれば購入しても良いかと思いますが、浮気の証拠を絶対に掴んでやるという状況であればレンタルの方が良いでしょう。

浮気調査で使うGPSは2種類!間違えると失敗する原因に!使い方は?

浮気調査で使えるGPSには色々な種類がありますが、大きく分けると2つのタイプとなり、「ロガータイプ」「リアルタイムタイプ」があります。

こら2つのGPSは全く違うもので、使い方も変わってきます。
浮気調査をする上で、2つのGPSがどんなものなのかを知っておかなければ失敗する原因になってしまいます。

これから詳しく解説しますのでしっかり把握しておきましょう。

位置を記録する「ロガータイプ」は本体を回収して記録を解析

ロガータイプの追跡イメージロガータイプというのは、パートナーの位置情報をGPS本体や別のところにデータとして記録することができます。

データとして記録した情報を確認するには仕掛けたGPS本体を取り外して回収するか、別のところに記録されているデータを確認することになります。

ですので、ロガータイプを使う場合は、パートナーの行動を逐一見れるわけではなく、「その日にどこへ行っていたのか」という記録を取ることができます。

位置を表示する「リアルタイムタイプ」本体を回収せず現在地を確認

リアルタイムタイプの追跡イメージロガータイプは「記録」でしたが、リアルタイムタイプは「表示」されるGPSです。
よく、ドラマなどで使われているGPSはリアルタイムタイプのもので、対象者(パートナー)が今現在どこにいるのかを調べるために使われます。

ですので、パートナーの現在地を表示するため、GPS発信機で得られた情報はスマホのアプリやインターネットで確認することになります。

リアルタイムタイプはスマホやインターネットで位置情報を確認できるため、仕掛けたGPSのバッテリーが持つ限り回収する必要はありません。

浮気調査をする時にGPSは車やバイクのどこに仕掛ければいい?徒歩の場合や注意点は?

車GPSは2つのタイプがあり、どちらもGPSを仕掛ける必要があるとわかりました。
また、GPSを使って浮気調査ができるのは車やバイクで移動する場合の方が調査しやすく、徒歩の場合は難しいというお話しもしました。

そこで、GPSを実際に仕掛ける時に、車やバイクのどこに仕掛ければ見つかりにくく設置しやすいのかを解説しておきましょう。

また、徒歩移動の場合はどうすればよいのか、仕掛ける時の注意点なども一緒に解説していきます。

難易度は高いが見つかりにくいエンジンルーム

車のエンジンルームは故障した時や異常が出た時くらいしか開けることがありません。
ですので、エンジンルームにGPSを仕掛けるのが一番見つかりにくく浮気調査がしやすくなります。

また、エンジンルームの中は隙間も多く仕掛けるにも最適です。

ただし、ここで注意しておかなければならないことがあります。
エンジンルームは車の中でも心臓部ですので、取り付ける場所を間違えると車が故障したり、事故を起こす危険もあります。

車に関する知識がある人なら問題ないかと思いますが、知識のない人が無暗にGPSを仕掛けるのは危険です。

エンジンルームは見つかりにくいのですが難易度が高いため、車の知識がある場合に限り有効と覚えておきましょう。

見つかる可能性は高いが小型ならトランクルームでもOK

車のエンジンルームに仕掛けるのは難しくても、トランクルームなら素人でも仕掛けることができます。

ただし、車の中でもトランクルームは見つかる可能性も高い場所です。
ですのでトランクルームに仕掛ける時は小型のGPSにし、なおかつ目立たない場所に仕掛けるのがポイントです。

車種によってトランクルームが違うため、一概にどこが良いとは言えませんが、セダン型ならトランクルームの天井部分、バンやワンボックス系ならハッチ(扉)を開けた時のジョイント部分のボディ側に仕掛けると見つかりにくいでしょう。

GPSを仕掛けるのに最も適しているのは車体の下

車にGPSを仕掛ける場合、最も適しているのが車体の下です。
エンジンルームのように特別な知識は必要ありませんし、トランクルームのように見つかりやすい場所ではありません。

車の下をのぞき込むようなことはほとんどありませんから、仕掛けるなら車体の下が最適です。

ただし、GPSを仕掛ける際に注意しなければならないことがあり、「走行中にGPSが外れないようにしっかり仕掛ける」必要があります。

車体の下ということは車外に仕掛けているので、風圧や砂や小石などの巻き上げでGPSが外れてしまう可能性もあります。

ですので、車体の下にGPSを取り付ける際は外れないようにしっかり固定しましょう。
車高が低いなど車種によっては取り付けが難しい場合もありますから、車体に取り付ける場合は車体の下の形状をきちんと確認してからにしましょう。

また、車外に設置するためGPSには耐熱や防水などの処理をしなければなりません。

座席シートの隙間は取り付けやすいが見つかりやすいので避ける

車のことは全くわからないからエンジンルームや車体の下は不安だし、トランクルームは見つかりやすいから嫌だとなると、残る場所は「座席シートの隙間」くらいと思っている人はいませんか?

実は、座席シートの隙間はトランクルームより見つかりやすいので、基本的にはNGです。
シートの隙間にGPSを潜り込ませるだけなので、取り付けが簡単と思われがちですが、仕掛けるとなると場所は限られてきます。

また、シートは目につきやすい場所ですので少しでも凹みや盛り上がりがあるとすぐにばれてしまいます。

座席シートしか仕掛ける場所がない場合は仕方ありませんが、バレやすいのでできるだけ避けた方が良い場所です。

バイクに仕掛ける時に最も見つかりにくいのはカウルの内側か隙間

パートナーが車ではなくバイクで移動する場合、どこに仕掛ければよいかということですが、バイクにも色々な種類がありますので一概にどこが良いとは言えません。

ですが、カウルがあるバイクの場合は、カウルの内側に小型のものを仕掛けると一番見つかりにくいです。

もし、カウルがない場合でも、バイクには隙間がたくさんありますので、パッと見てすぐにわかる場所でなければ見つかる可能性も少なくなります。

バイクによっては座席シートを開けてヘルメットを収納できるようになっていますが、そこは常に開け閉めしているため見つかる可能性が高くなります。

また、ハンドル周りやガソリンタンクの近く、ヘルメットをかける場所も常に見ているため見つかりやすいのでNGです。

バイクの場合もGPSに耐熱・防水の処理をする必要があります。車移動の設置場所まとめ

パートナーが徒歩移動の場合カバンに仕掛けるのがベスト?

最後にパートナーが徒歩移動の場合にGPSをどう仕掛ければよいか解説していきましょう。

GPSを仕掛ける場合は車かバイク移動の方が良いというのは、徒歩移動の場合仕掛ける場所が極端に少なくなるだけではなく、常に物を出し入れするカバンなどに仕掛けるとすぐに見つかってしまうからです。

カバンと言っても様々な形状がありますが、どのカバンでも常に触ったり中を見たりするため、基本的にはカバンに仕掛けるのはNGです。

また、他人の所有物に無断でGPSを仕掛けると、プライバシーの侵害として逆に訴えられてしまう危険性もあります。
自家用車であれば基本的には「家族の所有物」として扱われますが、服やカバンなど明らかな「個人の所有物」しか設置場所がない場合、GPSを使わない方法での調査に切り替えた方が無難です。

もし、どうしてもGPSを仕掛けたいということであれば小型にするのはもちろんのこと、仕掛けているのがバレないように偽装や工夫が必要になります。

例えば、USBタイプのGPSにしたり、あまり見ないカバンの内ポケットの端に仕掛ける、仕掛けたGPSの上からカバンと同じ生地の布を縫い付けるなどの工夫をしてみましょう。

ですが、それでも見つかってしまう可能性が高いため、徒歩移動の場合はGPSでの浮気調査はおすすめできません。

浮気調査のためのGPSを選ぶ時の5つのポイント!

パートナーが車やバイクで移動している場合、GPSを使えば自分で追跡調査ができます。
では、浮気調査をするためのGPSはどのようなものを選べばよいのでしょうか。

レンタルの場合は、依頼者の目的によって最適なGPSを貸してくれることが多いので、今回は自分で購入する際のポイントとして把握しておいてください。

GPSを選ぶときの条件

【ポイント①】充電が長持ちするタイプを選ぶ

GPSの命とも言えるのがバッテリーです。
特に、リアルタイムタイプは充電が持続する限り外す必要がありませんし、浮気調査など長期戦になる時は充電が長持ちした方が取り外す回数が減るため見つかる可能性も低くなります。
また、調査中に充電切れなんてことにもなりかねませんので、充電が長持ちするタイプを選びましょう。

【ポイント②】できるだけ小さくコンパクトなものを選ぶ

GPSはいかに見つからずに仕掛けられるかがポイントとなるため、できるだけ小さくコンパクトなものが良いでしょう。
大きければ大きいほど見つかりやすいので、リスクを下げるためにもコンパクトなものを選びましょう。

【ポイント③】音が静かなものを選ぶ

GPSを購入する時に意外と忘れがちなのが「音」です。
見つからないように仕掛けるわけですから、音がうるさいものや、何かの拍子に音が鳴るものはNGです。

GPSによっては測位中に「プッ」と音が鳴るものや、バイブレーション音、着信音が鳴るものまでありますので、音が消せるものや鳴ってしまっても音が静かなものを選ぶようにしましょう。

【ポイント④】録画機能をついているものを選ぶ

あまり安いGPSの場合、録画機能がついていない場合があります。
録画できなければ常に監視しておかなければならないため、GPSを選ぶ時は録画機能があるのかチェックしましょう。

【ポイント⑤】誤差が少なく正確な情報が得られるものを選ぶ

GPSはパートナーの位置情報(行動)を知るためのものです。
ですので、誤差が大きいと正確な位置情報を知ることができません。
場合によっては行動そのものがわからなくなる可能性もあります。
誤差が少なく正確な情報を得られるGPSを選ぶようにしましょう。

浮気調査に向いているGPSを購入するならこれがおすすめ!価格やスペック

浮気調査をするために必要なGPSにもたくさんの種類があります。
今回は、購入する場合におすすめのロガータイプ、リアルタイムタイプ、それぞれ2つの機種をご紹介していきましょう。

レンタルのおすすめ機種は、この後ご紹介します。

ロガータイプはこの2種類がおすすめ

i-gotU

igotUAmazonで詳細を見る

ロガータイプでおすすめな機種は「i-gotU」です。
価格も5,000~8,000円とお手軽ですし、一般的によく使われているGPSです。

仕掛けたGPS発信機に記録されたデータは、専用ソフトをインストールしたパソコンで見ることができます。
小型タイプですので素人でも仕掛けやすく、扱いも簡単ですので初めてGPSを使う人にもおすすめです。

FS-GFLD100BK


Amazonで詳細を見る

USB型のGPSですので、見つかっても怪しまれる可能性が低くなります。

価格は3,000~10,000円ほどですのでお手軽ですし、パソコンに専用ソフトをインストールしなくてもUSBになっているGPSをパソコンに差し込めば記録されたデータをすぐに見ることができます。

価格によって保存データ量が違ってきますが、バッテリーも内蔵されているため長持ちするGPSです。

このタイプなら「徒歩移動だけど、どうしてもパートナーの行動を確認したい」という時にカバンに仕掛けても見つかる可能性は低くなるでしょう。

リアルタイムタイプはこの2種類がおすすめ!ただし違法になることも

スマホとキッズスマホ

スマートフォン(AndroidもしくはiPhone)

リアルタイムタイプの場合、GPS専用機器ではなくスマートフォンやノートパソコンから位置情報を得る人が多いです。

常にパートナーの行動を表示する必要があるため、データ通信ができるスマートフォンは最適なのです。

ただし、パートナーが使用中の携帯で、勝手にGPSアプリを取ると違法になってしまいますので注意してください。

スマートフォンは本体価格が100,000円を超えるものもあり高額ですが、データ通信さえできればよいので格安スマートフォンなら10,000円くらいで購入可能です。

データ通信ができるSIMがあることと、GPSアプリをインストールしておく必要がありますが、キャリアによってはガラケーでも使えますので格安で手に入れることができます。

子供用携帯

データ通信ができれば良いので、「居場所を知りたい」という人は子供用携帯でも代用できます。
子供用携帯の場合、特別にアプリを入れなくても子供が今どこにいるのか親が把握できるようになっています。

ですので、居場所を知るだけなら本体価格が安く、月額使用料も1,000円程度と安いので、子供用携帯がおすすめです。

レンタルGPSは浮気調査の探偵が使うので高性能!価格やスペック

GPSは購入するだけではなく、レンタルも可能です。
レンタルの場合、プロが使う高性能な機種を取り揃えているため、絶対に浮気の証拠を掴みたいという場合におすすめです。

レンタル業者にも色々ありますが、特におすすめな2つの機種をご紹介しましょう。

超小型で高機能!充電は30日間不要のレンタルGPS「イチロク」

イチロク超小型なのに、無音・無振動・防水性に優れているのが「イチロク」です。

ライターくらいの大きさしかないため、車やバイクに仕掛けるとほとんど見つかることはありません。

さらに、防水ですので雨に強いですし洗車しても問題ありません。

スマホやパソコンだけではなくタブレットやガラケーでもパートナーの現在地を「番地」まで表示してくれる優れものです。

また、時間や曜日の指定、検索間隔まで指定できますので、リアルタイムでの追跡が難しい人でも安心して使えます。

イチロクの特徴
保証金 0円
回線 独占回線
配送 翌日配送
検索機能 リアルタイム検索
自動記録
バッテリー 最大30日
グーグルマップ
(ストリートビュー含)
誤差 10m以内
装着 マグネット
静音 無音・無振動
防水
料金 7日で16,800円

公式サイトはこちら

機械が苦手な人でも簡単操作!レンタルGPS「サーチテック」

サーチテックのG-NETシリーズサーチテックのG-NETシリーズは機械が苦手な人でも簡単に操作できるので、初めてGPSを使う人におすすめです。
パソコンやスマホで操作できますし、使い方がわからない場合は電話サポートもあります。

リアルタイムでの追跡はもちろんできますし、時間や曜日、間隔などを指定して検索することも可能です。

スマホやパソコンの画面を見ながら動きを更新することができるほか、検索履歴も確認できますので、初心者が浮気調査しやすいようになっています。

簡単ワンタッチなのでたった5秒で装着完了できるのもポイント。バレないうちにサッと設置できます。

サーチテックの特徴
保証金 不明
回線 不明
配送 翌日に配送
検索機能 リアルタイム検索
自動記録
バッテリー 最大45日
グーグルマップ
(ストリートビュー含)
誤差 10m以内
装着 マグネット
静音 無音設計
防水
料金 7日で16,800円

公式サイトはこちら

浮気調査に使えるGPSはamazonなどの通販で入手できる?

浮気調査は自分でもGPSを使えば可能ですが、問題は購入する場合どこで手に入れることができるかです。

大きな電気量販店でもGPSを置いているところはなかなかありません。

秋葉原のような電気店専門街なら販売されていますが、遠方の方は身近で販売されているのかもわからないでしょう。

そこで思い出されるのが「通販」です。

ですが、GPSは居場所を追跡するという特殊なものですので、通販で手に入れられるものなのでしょうか。

そこで、大手通販サイト「amazon」で購入できるのか調べてみました。

ロガータイプはamazonなどの通販でも購入できる

Amazonのgpsロガーこの記事では2つのロガータイプをご紹介していますが、amazonで調べてみると、どちらも購入することは可能です。

他にも様々な機種が販売されていますので、おすすめの機種を使ってみて、使い勝手が分かれば目的に合わせて他のものを購入するのもよいでしょう。

リアルタイムタイプはデータ通信が可能なスマホが必要

amazonの格安スマホリアルタイムタイプの場合、スマホや子供用携帯を使うことになりますので、データ通信が可能なキャリアが必要になります。

本体だけならamazonでも10,000円くらいでスマホが販売されていますが、本体とは別にSIMカードを契約・購入しないと使えないので注意してください。

Amazonで格安スマホを探す

amazonの子供用携帯また、子供用携帯の方が良い場合amazonでは中古の出品が主になっています。
安心して購入したいなら、それぞれのキャリア販売店や公式オンラインストアで契約する必要があります。

Amazonで子供用携帯を探す

GPSは尾行いらず!ただし浮気調査で必要となる「現場」を押さえるのは別

離婚調停のイメージGPSを使えば尾行したり聞き込みをしたりする必要がなくなるため、浮気調査をスムーズに進めることができます。

ただし、あくまでもGPSでできるのは「パートナーの行動を追跡する」ことだけです。
浮気の証拠となる現場を押さえるためには、写真撮影が必要になります。

裁判になった時に慰謝料を請求しようとしても、GPSでの追跡記録や位置情報だけでは証拠にならず、負けてしまう可能性もあります。

写真を撮るには、パートナーと相手の顔がはっきり写っていて、なおかつ肉体関係を持ったとされる場所も写っていなければなりません。
ですので、GPSでいくら行動を特定できても、写真を撮る場所によっては証拠にならない場合もあります。

自分でなんとか証拠となる写真を撮るというのなら良いのですが、自信がない人は探偵に依頼するのも一つの方法です。

GPSでの調査結果がありますから探偵に依頼しても比較的スムーズに調査が終了します。
裁判で使える報告書も作成してくれますので、GPSで得た情報を元に、探偵に依頼することもできるということを頭に入れておきましょう。

関連記事
探偵に頼むメリットは?
浮気調査で探偵を雇う時の全知識!依頼する前に知っておこう

パートナーが浮気してるかもしれない! と不安になった時、最初に考えるのが「浮気調査」ではないでしょうか。 ですが、 浮気調査と言っても一体何をすればいいのかわからない… そんな人が思いつくのが「探偵事 ...

続きを見る

あわせて読みたい

ここではGPSについて特集してきましたが、バレる・訴えられる・証拠として不十分などリスクのある調査方法だということがわかりました。

でも探偵に依頼するというほど予算もない…という場合、他の手段と組み合わせてみたり、探偵事務所の無料相談を活用してみるのも手です。

以下の記事では、浮気調査のあらゆる手段について解説していますので、参考にして作戦を練ってみてください。

【完全保存版】浮気調査の基本~行動チェックから探偵まで

-自分で調査

Copyright© 浮気調査NOTE , 2019 All Rights Reserved.