法律・慰謝料

浮気の慰謝料を取りこぼしたくない!「有効な証拠」と「無効な証拠」

投稿日:

有効な証拠

浮気調査はとてもタフな作業です。

ただでさえ心が傷ついているのに、自身で「探偵」「弁護士」と段取りしなければならないですし、費用だって馬鹿になりません。

中には時間や費用の関係で、浮気調査そのものを自身で行う方もいらっしゃるでしょう。

心、時間、お金…これだけのものを注いだのですから、絶対に慰謝料は取りこぼしたくないですよね。

慰謝料を取りこぼさないためには、浮気の証拠が「有効である」と裁判で認められなくてはなりません。

よく証拠として「浮気相手とのラインのやりとり」が提出されますが、実はこれは無効になるケースが多々あります。

そこで今回は「有効な証拠」と「無効な証拠」の境界線と、証拠を有効にするためのポイントを紹介したいと思います。

浮気の慰謝料をとるためには「性行為」の証拠がポイント

まずはその証拠が有効・無効であるかの境界線を知りたいですよね。

有効と判断されるには、一般的には「性行為があったかどうか」が確認・推測されるものとしています。

以下は、アディーレ法律事務所の公式見解です。

性行為の場面を写した動画や写真,ホテルに出入りする写真やその目撃情報を記載した探偵の報告書などは,浮気・不倫の「証拠」として認められやすいです。

出典:アディーレ法律事務所

それでは、どんな証拠が「性行為があった」と確認・推測され、慰謝料をとるのに有効とされるのでしょうか。

カメラ写真の場合は「撮影日時」がポイント

写真は浮気の証拠として使われる、代表的な手段ですよね。以下のような写真は浮気の証拠として有効とされています。

  • 性行為中の写真
  • 浮気相手と裸体でいる
  • ラブホテルや自宅への出入り
  • 浮気相手との旅行写真
  • 外泊した日のプリクラ

ポイントは「撮影日時」がしっかりと記録されていることです。

また、ホテルや自宅の出入りの場合は、入るところ出るところの両方があると更に有効性が上がります。

そして複数回撮影することができれば尚良いでしょう。

録音の場合は「不貞行為」や「自白」をしっかり録っているか

録音も証拠として有効です。主に以下のような音声が有効とされやすいです。

  • 性行為中の音声
  • パートナーが浮気の事実を自白した時の録音
  • 浮気相手との電話

ポイントは「不貞行為」が明らかになっているかどうかです。

日常的な会話だと、証拠として認められない可能性があります。

LINEやメールの「スクリーンショット」は要注意!

証拠としてよく提出されるのが、浮気相手とのLINEやメールのやりとりのスクショです。

しかしスクショの場合は、写真が加工されたと疑われるケースがあります。

なので、LINEやメールの場合は、その画面ごと写真撮影するように心がけてください。

その上で、以下がポイントになります。

  • 肉体関係があったことが分かる内容
  • 複数回、断続的なやりとりがあったと判断される内容
  • 送受信の日時

ちなみにですが、手紙・TwitterのDM・FacebookのDMなども気を付けるポイントは同じです!

GPSは「その調査が違法とみなされない」ことがポイント

GPSの場合ですが、気を付けなければいけないポイントがあります。

それはその調査が「違法であったかどうか」というところです。

パートナーが婚姻関係にある場合には、例えばパートナーのカバンにGPSを忍ばせても、カバンは「共有の所有物」と判断されるので、法律的な問題は起こりづらいです。

しかし、パートナーと婚姻関係が無い場合は「不法侵入」「器物破損「プライバシーの侵害」などに該当するケースがあります。

この場合、証拠として認められなくなる可能性もあるので要注意です。

その上で、以下のポイントを押さえて下さい。

  • ラブホテルに行った履歴
  • 旅館に泊まった履歴
  • 浮気相手の自宅に泊まった履歴

また、できれば「滞在時間」が分かるような記録だと、より有効性が上がるでしょう。

クレジットカードの利用明細は「繰り返し」使われているかどうか

クレジットカードの利用明細も、証拠として認められる場合があります。証拠として認められるのは、以下のケースです。

  • ホテルや旅館の利用明細
  • ホテルや不倫相手の自宅近くのコンビニなどの利用明細
  • 異性へのプレゼント
  • 性行為用のグッズ

ただし、有効性を上げるには「繰り返し」使われているかどうかがポイントになります。

ラブホテルの利用明細は効力が非常に高いですが、それ以外のケースは「言い逃れ」ができる場合もあります。

Suica・PASMOなどの利用履歴の場合は、他の証拠も用意した方が良い

Suica・PASMOなどの移動履歴も証拠として認められることがあります。

ただし、Suica・PASMOの場合も「継続的」に使われているかどうかがポイントです。

  • ラブホテルへの移動が推測される履歴
  • 浮気相手の家への移動が推測される履歴
  • インターネットの乗り換えサービスの履歴
  • 自動車のETC

ただし、Suica・PASMOなどの利用履歴は、不貞行為があったことの決定打として欠けることがあります。

できれば、他の証拠(クレジットカード利用明細・ラブホテルのレシートなど)も用意した方が良いでしょう。

SNS、ブログ、メモ、手帳なども場合によっては証拠として認められる

現代はSNS・ブログをやっている方が多いですよね。

SNS・ブログの写真や文章なども、浮気の証拠として認められるケースがあります。

また、メモ・手帳なども場合によっては証拠として認められます。

いずれにいても、有効な証拠として認められるには、以下のポイントがカギとなります。

  • 日時、場所が分かる
  • 継続的に記録されている
  • 不貞行為が推測される

探偵・興信所の調査報告書は有効!ただし依頼先はよく吟味して

浮気調査を探偵・興信所に依頼する場合も多いと思うのですが、調査報告書も証拠として有効と認められやすいです。

探偵や興信所は「浮気調査」「証拠集め」のプロです。

失敗も少なく、とても信頼できる証拠の一つでしょう。

ただし、探偵や興信所であればどこでも良いというわけではありません。

必ず以下のポイントに気を付けてください。

  • 知名度があり、信頼できるところ
    相談者の疑問に丁寧に説明してくれる
  • 法外な料金ではない

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください!

探偵に頼むメリットは?
浮気調査で探偵を雇う時の全知識!依頼する前に知っておこう

パートナーが浮気してるかもしれない! と不安になった時、最初に考えるのが「浮気調査」ではないでしょうか。 ですが、 浮気調査と言っても一体何をすればいいのかわからない… そんな人が思いつくのが「探偵事 ...

続きを見る

こんな証拠は要注意!慰謝料の請求ができないかも

今まで有効となるポイントを説明してきたので、なんとなく「無効なケース」のイメージがついているかと思います。

まずは無効となりやすいケースをまとめます。

  • 改ざんができるデータ
  • 性行為の確認ができない(会っているだけでは弱い)
  • 違法に集めたもの(盗聴・盗撮)

その他にも、無効になりやすいケースとして、意外にもこんな例があります。

風俗店のレシートや風俗嬢の名刺では慰謝料の請求が難しい

風俗で性的サービスを受けるのは、たしかに不貞行為ですよね。

しかし、1度のみの利用では、離婚の事由として認められないことが多いです。

日付入りのポイントカード等で継続的に利用していることが確認できれば、証拠として機能することが期待できますが、それでも一般人との浮気よりも慰謝料が少なくなりがちです。

理由は、風俗嬢はあくまでもサービスの一環として性的な行為をしているので、風俗嬢側に浮気の意思は認められないからです。

浮気調査アプリの無断インストールもNG!

昨今、浮気調査のアプリが非常に注目されています。

浮気調査のアプリを使うと、相手の携帯で行われている「SNSのメッセージ」「LINEのやりとり」「通話履歴」などを監視することができます。

しかし、浮気調査アプリを無断でインストールすることは「プライバシーの侵害」に該当します。

たとえ婚姻関係があったとしても、無断インストールはNGです。

浮気調査アプリで得た証拠は認められなくなる可能性が高いので気を付けましょう。

浮気を自白したとしても、慰謝料が絡むと「やっていない」と言う場合が

パートナーに浮気を問い詰めると、浮気したことを自白するケースがあります。

しかし油断してはいけません。自白したとしても、慰謝料などが絡む裁判になると「やっていない」と言いなおす場合があります。

言った言わないは証拠として不十分なので、かならず以下のポイントを押さえてください。

録音する

もし問い詰める時には、かならず録音レコーダーを用意しましょう。

自白した際の音声があれば、証拠としての有効性が高いです。

自認書

自認書とは、自身の不貞行為を認めたことを文章で残すものです。

自認書に署名・捺印をさせるのも有効的です。

ただし、慰謝料を匂わせると自認書を拒否する場合があります。

できるだけ自然に「今後の浮気防止のため」「反省の証拠がほしい」などの口実で書かせるようにしましょう。

以上のどちらかで基本的には大丈夫です。自白してきたことに安心せず、かならず行いましょう。

性行為の決定的な証拠がないと慰謝料の請求はできない?

「パートナーの浮気を確信しているけど、証拠が見つからない」

「パートナーに浮気調査していることがバレてしまい、証拠を用意できない」

「数々の小さな証拠はあるけれど、決定打に欠ける」

…この場合でも、諦める必要はありません。

どんなに小さな証拠でも、複数あつめれば有効性が認められるケースがあります。

LINEのやりとり、メールのやりとり、写真、交通ICの履歴…など、複合的な証明ができれば、証拠として有効になる可能性があります。

できればプロにも手伝ってもらい、とにかく沢山の証拠を集めるのが吉でしょう。

まとめ:慰謝料に有効な証拠は「性行為」「複数用意」「継続的」がキーワード

慰謝料をしっかりと取るには、有効な証拠の提出が必要になります。

有効となるポイントは以下の通りです。

  • 性行為が確認(もしくは強く推測)できる
  • 証拠が複数用意されている
  • 単発ではなく、継続的に浮気していることが確認できる
  • データが改ざんできないものである
  • 調査が違法ではない

証拠が有効ではない場合、慰謝料を取りこぼしてしまいます。

証拠を押さえるのはカンタンではないので、できれば自分一人で行わず、探偵や興信所にサポートしてもらった方が良いでしょう。

-法律・慰謝料

Copyright© 浮気調査NOTE , 2020 All Rights Reserved.