探偵に依頼

浮気調査を探偵に依頼すると費用はどれくらい?費用の全知識

更新日:

費用はどれくらい必要?

浮気調査を依頼したいけれど、どれくらいの費用がかかるのかな?

探偵に調査するのって結構高そう

など、浮気調査を探偵に依頼したいけれど、費用が分からないと気になっている人も多いのではないでしょうか。

あまりに費用が高ければ自分でなんとかできないかと考えている人もいるはずです。

そこで、浮気調査の費用はどれくらいかかるのか、相場や料金設定など、調査に関する費用を詳しく解説していきます。

この記事の目次

探偵と興信所って何が違うの?費用も変わってくる?

迷っている女性まず、浮気調査を依頼する時に「探偵」に依頼するのか「興信所」に依頼するのかわからない人もいるのではないでしょうか。

そもそも、探偵と興信所は何が違うのでしょうか。

では始めに探偵と興信所の違い、費用はどう変わるのかなどを解説していきます。

探偵は個人取引が多く身分を隠して調査するのが特徴

単刀直入に言うと、「探偵」と「興信所」はほとんど同じ意味です。

どちらも「調査」をするという目的になりますが、なぜ目的が同じなのに呼ばれ方が違うのかは、それぞれの歴史にあります。

探偵業は、元刑事だった方が設立したのが始まりです。
刑事時代に培った聞き込みや張り込み、尾行など刑事特有の調査方法を行っていました。

また、探偵の場合一個人から依頼を受けることがほとんどで、浮気調査だけではなく信用調査や人探し、ストーカー犯、盗聴器の発見などを徹底的に調べるため、身分を隠して調査します。

興信所は企業との取引が多く身分を明かして調査する

一方、興信所の場合は日本銀行の当時の理事が設立したと言われています。
会社間で取引をする際に、相手の会社の信用を調査したいとの声で立ち上げられました。

ですので、興信所の場合は企業間の信用調査の他、結婚などの信用調査、企業に関連する雇用調査などが基本となり、探偵の様に身分を隠して調査するのではなく、身分を明かして調査します。

こうしてみると昔は探偵と興信所で区別されていたようですが、最近では探偵も興信所も双方の調査を行うことができるため、違いはありません。

どちらの方が費用が安い?予算に余裕がある時は?

先程説明した通り、探偵も興信所も現在では調査内容にほとんど違いはありません。
ですが、費用については個人と企業相手でも変わってきます。

予算に余裕があるという場合は、企業など法人相手が多い興信所に依頼すると良いでしょうし、低予算で抑えたいということであれば、個人相手が多い探偵事務所が良いでしょう。

この後、探偵に依頼する場合の費用は詳しく解説してきますが、興信所に関しても詳しい情報を知りたいという方は、下記の記事をご参照ください。

浮気調査にはどんな費用がかかっているの?内訳を公開

電卓と書類浮気調査を依頼する場合、かかる費用も気になりますが、どのような内訳で料金が発生しているのかも気になるところです。

基本的に、探偵に依頼すると費用は次のような内訳となります。

  • 調査費用
    人件費(捜査員の日当や出張手当など)、早朝や深夜の割り増し、危険手当、着手金
  • 経費
    交通費(調査に使用した電車やタクシー代など全て)、車両費用、宿泊費、ガソリン代、高速道路を使用した際の料金、駐車場料金、機材費用、通信費、そのほか情報を手に入れるために必要な費用など
  • 手数料
    調査終了時に作成する報告書の作成費用など
  • 成功報酬
    調査が成功した際の成果報酬

大まかに内訳を書くとこのようになりますが、そのほかにも、張り込みなど調査中にかかった食事代を費用として請求するところもあります。

また、探偵に依頼する場合、捜査員一人で動くことは少なく複数人で動く場合が多いため、人件費は動いた捜査員の人数分必要になります。

浮気調査の料金形態は大きく分けて3タイプ!メリット・デメリット

浮気調査にかかる費用の内訳が大まかにわかったところで、次は料金形態について解説していきましょう。

探偵に依頼する場合、料金形態は大きく分けると3つになります。

  1. 時給型(時間料金制)
  2. パック型
  3. 成功報酬型

この3つの料金形態を詳しく解説していきます。
わかりにくいかと思いますので、実際に例を出して解説していきますので、目安にするとよいでしょう。

また、どの料金形態を選べばよいのかわかりやすくするため、メリット・デメリットなども解説しておきますので参考にしてください。

1日など短時間の浮気調査なら「時給型(時間料金制)」がお得

時給型の図時給型は調査員が尾行や聞き込み、張り込みなど調査をした時間に対して料金を支払います。

様々な探偵事務所が採用していますが、料金表示が

  • 捜査員1名で1時間〇〇円
  • 1時間〇〇円で捜査員〇人
  • 捜査員1名で1日〇〇円

など違ってきます。

また、それぞれの探偵事務所で料金設定が異なり、時給型を基本料金として表示し、他にも費用がかかる場合がありますので、きちんと確認する必要があります。

基本的な料金の計算の仕方は、

捜査員1名の1時間あたりの単価 × 調査した時間 × 調査員の人数

となっており、計算の仕方は比較的簡単です。

例えば、調査員1人の時間単価が10,000円で1名動員し、調査終了まで20時間かかった場合は、「10,000円×20時間×1人=200,000円」となります。

ただし、時給型の場合、最低調査時間というものがあり、各探偵事務所によって異なります。
最低調査時間は、3時間、5時間、8時間など、探偵事務所によって異なりますので事前に確認しておきましょう。

また、調査員の人数や時間を自由に変更・追加できるのも特徴です。

時給型の料金相場額は、20~30万円となっており、浮気調査にかかる平均的な時間が20~30時間(日数にすると1~5日くらい)となっています。

時給型のメリット

  • 調査時間や調査員の人数など自由に変更・追加ができるので縛りがない
  • ある程度有力な情報が提供できる場合は短期間で終了するため、時給型の方が得

時給型のデメリット

  • 他のプランと比べると捜査員1人あたりの時間単価が割高
  • 調査時間が長引いたり、捜査員の人数が増えると費用が高くなる

一定額以上の費用が発生せず長期間の調査が必要なら「パック型」

パック型の図「パック型」「定額プラン」と表示している探偵事務所もあります。
パック型を導入している探偵事務所は少ないのですが、かかった費用ごとに請求するのではなく、予め調査費用をパックにしているので、一定額以上の費用がかからないようになっています。

ただし、パックに入っていない費用が発生した場合は別途請求される可能性がありますので、必ずどんな内容がパックに入っていて、どんな調査や費用が追加請求されるのかを確認しておきましょう。

パック型の場合、様々なパターンのプランを用意していることが多いので、その中から自分に合ったパックプランを決める形になります。

ですので、パートナーの浮気に関する有力な情報がない場合など、調査期間が長くなりそうな時はパック型がお得です。

パック型の相場は様々ですが30~100万円という範囲になるかと思います。
30万円と書かれていれば、その料金を支払うだけなので難しいことは全くありません。

料金の違いは調査時間や調査員の人数によって変わることが多くなっています。

パック型のメリット

  •  一定額以上の請求は発生しないことが多い
  • 調査期間が長ければ長いほどパック型がお得
  • 時給型に比べ調査員の時間単価が安い

パック型のデメリット

  • 調査期間が短い場合、時給型より割高になることが多い
  • パックになっているため途中でキャンセルするのが難しい

最後のキャンセルについては、探偵事務所によってはキャンセルに応じて返金してくれるところもあります。

ですが、返金額で依頼主とトラブルになることがありますので、パック型の場合は途中キャンセルはできるのか、返金金額はどのように決まるのかなどを事前に確認しておきましょう。

調査に失敗したら費用が0円のところもある「成功報酬型」

成功報酬型の図成功報酬型は最も多くの探偵事務所で採用されています。
成功しなければ費用0円と謳っている探偵事務所もあるくらいですから、すぐに飛びつきたくなるかもしれませんが、注意しなければならないことがたくさんあります。

では成功報酬型について順を追って説明していきましょう。

成功報酬型の場合、まずは着手金を支払います。
この着手金で浮気調査をしていき、成功したら成功報酬を支払う形になります。

ここで成功報酬型費用0円と謳っている場合の注意点があります。
着手金を支払って調査が失敗した場合、着手金を返金してくれる場合と、着手金は調査するための費用(経費)なので返金されない場合があります。

着手金を返金しない場合は成功報酬プラン、着手金まで返金してくれるのが完全成功報酬プランと呼ばれています。

ですので、費用0円と書かれていても、成功報酬プランなのか、完全成功報酬プランなのかしっかり確認しておきましょう。

また、「成功」というのは何をもって成功としているのか、探偵事務所によって違います。

成功の定義とは、

  • 調査期間内に浮気しているかしていないかが判明
  • 浮気の事実を証明
  • 浮気現場の動画撮影に成功

など、探偵事務所によって違いますので、しっかり「成功とは何か」を確認しておかなければ後々トラブルになってしまいます。

さらに成功報酬型の場合、探偵事務所によって料金が違ってきますので、1社に相談してすぐ決めるのではなく、数社から見積もりを取る方が得策です。

成功報酬型の相場は35~60万円となっています。
例えば、総額35万円支払った場合、着手金が15万円、成功報酬が20万円というようになります。

成功報酬型のメリット

  • 成功報酬プランで調査に失敗しても着手金を支払うだけで済みリスクは軽減される
  • 完全成功報酬プランの場合、調査に失敗しても費用を支払う必要がない

成功報酬型のデメリット

  • 調査に失敗しても着手金や諸経費は支払わなければならない可能性がある

料金プランの選び方まとめ

浮気調査を探偵に依頼しても失敗する可能性あり!その時の費用は?

失敗で頭を抱える人料金形態を見ていると、「探偵が失敗する」ということが書かれていたので気になっているかと思います。

完全成功報酬型の場合は失敗すると費用を支払う必要はありませんが、そのほかの料金形態の場合はどうなのでしょうか。

浮気調査で失敗するケースはどのようなものか、また費用はどうなるのかを解説しておきましょう。

探偵が浮気調査で失敗するケースは3つ

探偵が浮気調査で失敗するケースは3つ考えられます。

調査前から浮気だと勘違いしていた

「ちょっと最近帰宅が遅いな」
「昼間の行動が気になる」
など、曖昧な直感で依頼すると、いざ調査をしたら「仕事帰りに飲み屋に行っていただけ」、「友人とランチをしていただけ」という結果に終わることもあります。

調査中に浮気をしなかった

浮気をしているとはわかっていても、いざ調査を依頼すると「月に1回しか会っていなかった」「地元に帰省した時だけだった」など調査期間中に浮気をしないこともあります。

探偵が浮気調査に失敗した

探偵が浮気に失敗する理由は尾行や張り込みでパートナーや浮気相手にバレてしまう、対象となる2人を見失ってしまう、浮気現場を確認したが証拠写真が撮れなかったなどがあります。
最後の探偵が調査に失敗する場合、経験が乏しかったり調査能力の低い調査員がいる探偵事務所に依頼すると起こりやすくなります。

浮気調査で探偵がミスをしていない場合は基本的に全額支払い

前項で浮気調査が失敗するケースを解説しましたが、費用面はどうなるのでしょうか。

基本的には、

調査前から浮気だと勘違いしていた

調査中に浮気をしなかった

これら2つのケースの場合、費用は全額支払うことになります。

理由は、この2つのケースに関しては探偵会社に非がないからです。

ですが、自分で事前調査をしっかりしていれば浮気をしているかどうか、浮気の頻度などを調べることはできますので、必ず探偵が証拠を掴める状態で依頼するのがベストです。

そして、最後のケース

探偵が浮気調査に失敗した

という場合は、探偵事務所に非があります。

この場合、契約内容次第では全額返金や一部返金となります。

例えば、成功報酬型の場合は調査に失敗していますので報酬を支払う必要はありません。
完全成功報酬型の場合は着手金も返金してくれるところがあります。

ただし、先ほども解説したとおり、どうなれば成功なのか、そして失敗なのか、しっかり事前に確認しておきましょう。

自分でGPSなどを使って浮気調査をするなら費用はどれくらい?

スマホで地図を表示探偵に浮気調査を依頼するとなると数十万円という高額な費用がかかります。
そうなると、「自分で調査することはできないのか」と考える人も出てくるでしょう。

自分で浮気調査をする場合によく使われるのがGPSです。

では、GPSを使って浮気調査をする場合どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
GPSは、自分で購入するかレンタルかを選択することができます。

では、どれくらいの費用がかかるのか解説していきましょう。

GPSを自分で購入する場合

自分でGPSを購入する場合の費用は、3,000円~10,000円程度です。
これだけ聞くと「じゃあ自分で調査した方が安いのでは?」と思われるでしょう。

しかし、GPSで調査できる限界がありますし、GPSは使い方を間違えると法律に触れることもありますので、合法的に調査できる探偵に依頼する方がリスクはありません。

GPSをレンタルする場合

GPSをレンタルする場合は、機種によって価格は様々ですが安い場合20,000円弱からとなっています。

プロが使う高性能な機種をレンタルできるため、浮気しているか徹底的に調べたいという人には向いています。

ですが、自分で購入するのと同様にGPSの使い方を間違えると違法になる可能性がありますので探偵に依頼する方が良いでしょう。

GPSの機種や費用、レンタル代、なぜ違法になるのかなど詳しい内容を知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

関連記事
GPSのバレない活用術
素人でもGPSを使えば浮気調査ができる?選び方や使い方を解説

「もしかして主人(妻)が浮気してるかも…」と一度気になりだすと、なかなか疑いは晴れません。 どうにかして証拠をつかめないかと考えるでしょう。 そんな時、真っ先に考える手がかりが「パートナーの行動」では ...

続きを見る

できるだけ費用を抑えたい!浮気調査で探偵に依頼した時に安くする方法

お金を数える自分で調査するGPSでは限界があり違法になる可能性があるなら、やはり探偵に依頼するしかないという結論になるでしょう。

ですが、これまで解説してきたように探偵に依頼するのはかなりの費用がかかります。

そこで、少しでも費用を抑えたい人のために、浮気調査にかかる費用を安くする方法をご紹介しておきましょう。

複数社の探偵事務所で見積もりを取る

これは、大きな買い物や契約する時にも必ず行ってほしいことですが、1社の見積もりだけを鵜呑みにして早々に契約してしまうと、あとで「こっちの方が安かった」と大損する可能性があります。

ですので、1社だけではなく数社の探偵事務所から見積もりを取るようにしましょう。

一番安い探偵事務所に依頼するのも良いのですが、自分が望んでいるサービスを提供しているところが若干高かった場合、「他の事務所はこの値段なんだけど」と価格交渉をする武器にもなります。

探偵事務所の中でも、信頼度が高く安心して任せられるところをピックアップしていますので、下記の記事内にある4社から見積もりを取るのも良いでしょう。

関連記事
探偵に頼むメリットは?
浮気調査で探偵を雇う時の全知識!依頼する前に知っておこう

パートナーが浮気してるかもしれない! と不安になった時、最初に考えるのが「浮気調査」ではないでしょうか。 ですが、 浮気調査と言っても一体何をすればいいのかわからない… そんな人が思いつくのが「探偵事 ...

続きを見る

探偵紹介サービスを利用する

探偵紹介サービスを使うと、予算や調査内容に合わせて最適な探偵事務所を紹介してもらえます。

無料で複数社の見積もりを取ってくれますし、もし先に自分で取った見積もりがあればそれよりも安い探偵事務所を見つけてくれます。

紹介サービスを通すと調査費用が定価より安くなることがほとんどなので、お得に依頼できます。

おすすめ探偵紹介サービス「街角探偵相談所」

無料で相談してみる

調査費用20~40%オフ!何社でも見積もり無料

見積もりを比較して無駄な経費をかけているところは除外

見積もりを見ていると、それぞれ内訳が書かれていると思いますので、必ず比較してください。
紹介サービスを利用した場合でも、一度自分でしっかり確認しましょう。

特に、大手探偵事務所の場合、捜査員を必要定数以上にしていることがあります。
もちろん、大手ではなくても必要以上に無駄な経費をかけているところは除外しましょう。

良心的な探偵事務所なら、必ず依頼者の立場になって見積もりを出し、できるだけ予算内に収まるようにしてくれます。

例えば、小さなことのように感じますが、家や職場などから調査すると50万円かかってしまうけれど、待ち合わせ場所から調査するようにすれば30万円で済むということもあります。

どれだけ依頼者のことを考えているかは見積もりを見ればわかりますので、無駄な経費をかけているところはやめましょう。

相場とは全く違う料金のところには依頼しない

複数社から見積もりを取ると、ある程度の相場がわかるはずです。
しかし、相場から見てもずば抜けて安い価格を提示している場合、「安いから!」とすぐに契約すると後悔することがあります。

調査がいい加減だったり、後から追加料金が発生したり、延長料金がどんどん加算されるなど、見積もりは安かったのに最終的に一番高額な支払いになってしまったということにもなりかねません。

ですので、安いからをすぐに飛びつくのではなく詳しい内容を確認しましょう。

もし、このような業者に依頼してしまった場合は、途中で調査を打ち切り、別の探偵事務所に依頼するようにしましょう。

手がかりになる情報を正確に伝える

探偵事務所に依頼することで、一番お金がかかるのが「調査員の人数」「期間」です。
どうしても調査員は数人必要になってきますので、減らすのが難しくても、期間に関しては少なくすることができます。

浮気調査に有効な手がかりをどれだけ探偵に正確に伝えられるかで、調査期間は大きく違ってきます。

例えば、「毎週〇曜日と〇曜日は浮気相手と会っている」「この時間に必ずこの場所にいる」など、できる限りの情報を探偵に伝えることで、調査がスムーズに進み効率よく証拠を掴めるのです。

これはある一例ですが、パートナーが浮気相手と「いつどこで会う」というところまで把握していたので、調査期間がたった1日で済んだというケースがありました。

このように、多くの情報を持っていれば期間を短縮できますので、調査費用を安くすることができます。

調査費用を安くするポイントまとめ

浮気調査の費用は高額になりがち!事前準備をしっかりしよう

浮気調査にはかなりの費用がかかります。
もちろん、時給型で安く済めば一番良いのですが、持っている情報次第ではパック型や成功報酬型になる人も多いでしょう。

ですが、できるだけ多くの情報を得られるように事前準備をし、信頼度の高い探偵事務所を選べば費用を抑えることができるはずです。

また、費用に関して相談できる探偵事務所も多いので、気になるようであれば、まず無料相談に問い合わせてみるのも良いでしょう。

あわせて読みたい

浮気調査の費用を押さえるには、パートナーの事前情報を集めておくことと、信頼できる探偵事務所を選ぶことが必要というお話でした。

大切なのは、探偵に丸投げせず、自分でもしっかり知識をつけておくことです。
これは費用面に限らず、浮気調査を納得の行く形で終わらせるためにも重要です。

こちらの記事では浮気調査に関するあらゆる情報をまとめていますので、是非チェックしてみてください。

浮気調査を探偵に依頼する前に知っておきたい総まとめ!

-探偵に依頼

Copyright© 浮気調査NOTE , 2019 All Rights Reserved.