コラム

浮気の疑惑!パートナーがこんな行動をしていたら浮気調査へ

更新日:

浮気を疑ったときのチェックリスト

浮気の疑惑を一度でも持ってしまったら、抜けない無限ループにはまるかのようにパートナーの一挙一動が気になり、監視するように行動を見てしまいます。

ですが、浮気をしている人はバレたくないという思いが強いため、普段の生活も意識しています。
そのため、本当に浮気しているのかが分からなくなり、考えるたび無限ループに陥ってしまうのです。

しかし、パートナーの言動から浮気しているかどうかがある程度分かればどうでしょうか?
浮気している可能性が高ければ、浮気調査に乗り出すでしょうし、浮気していないと分かれば疑いも晴れるでしょう。

そんな簡単に浮気しているのかなんてわからないよ

…と思われている方、そんなことはありません。

いくら普段の生活に注意していても同じ人間ですから感情があります。
その感情が表に出てしまう決定的瞬間がありますので、その言動をご紹介していきましょう。

もし、浮気している可能性が高い場合の対処法なども後半に解説していますので、最後までしっかり読み進めていただければ幸いです。

もしかしたら疑いやすい性格かも!浮気調査をする前に自問自答してみよう

浮気疑惑が原因のケンカ「浮気をしているかも」という疑惑が出てきた時に気を付けなければならないのが、自分の思い過ごしではないかという点です。

もし、パートナーが浮気をしていなかった場合、その疑いが原因で二人の仲が悪くなるどころか、離婚へと発展してしまう可能性もあります。

もしかすると単なる思い込みで、浮気をしていない可能性がないか、浮気調査をする前に下記の項目を参考に自問自答してみましょう。

浮気を疑いやすい人の心理状況

浮気を疑いやすい人の心理として、次のようなことが挙げられます。

  • 自分に自信がない
  • パートナーの浮気で傷つきたくない
  • パートナーを自分の所有物だと思っている
  • 「男(女)は浮気する」という思いが強い

あなたがこのような心理状態にある場合、特に理由がない時でもパートナーへの不信感が消えず、浮気を疑ってしまうことがあります。

パートナーの行動が怪しい、態度がいつもと違うなど、浮気を疑ってしまうような状態であれば仕方ありませんが、そうではないのになぜか浮気を疑っている場合は、自分の思い込みである可能性もあります。

すぐに浮気だと疑惑を抱きやすい人の特徴

上記の心理状態をチェックした結果、当てはまらない人もいるかと思います。
ですが、一時的な心理状態の他に、元から次のような特徴がある人は疑いやすい傾向にあります。

これから、浮気を疑いやすい人の特徴を挙げていきますので、自分が当てはまるかチェックしてみましょう。

  • 自分に浮気経験がある、浮気したいという思いがある人
  • 過去の経験で浮気をされたことがある
  • 現状に不満がある人
  • 人間不信な人
  • 自分の意思がなく周りに流されやすい

このように、自分の体験や性格などにより、浮気を疑いやすい人がいます。

自分が浮気をされた経験がある人や浮気願望のある人は、「この人もしているのではないか」という暗示に囚われ、自分の意思がない人はちょっとしたパートナーの行動で「浮気しているのではないか」と簡単に思い込んでしまいます。

浮気をしていないのに浮気をしていると疑われているパートナーは、

  • 信用されていない
  • ショック
  • 強い束縛を感じる
  • イライラする
  • 悲しい

など、とても辛い気持ちになります。

本当は浮気をしていなかったのに、このような感情が芽生えると本当に浮気されかねません。

浮気を疑う前に、自分の心理状態や疑いやすい特徴に入っていないか、今一度自問自答してみましょう。

なぜ浮気をする?あなたが原因の可能性も!浮気調査はするべき?

悩む女性浮気を疑うということは、相手がもし浮気をしていなかった場合、相手を傷つけてしまいます。

ですが、心理状態や特徴などを見ても特に該当していない人の場合、パートナーが本当に浮気をしている可能性はゼロではありません。

通説では全年齢の約3割の人が浮気をしていると言いますから、浮気をしていないとも断定できないでしょう。

実際、2018年に行われた調査でも全体の約2割、30代・40代男性では約3割が浮気しているというデータが出ています。

今回の調査で「結婚相手、交際相手以外にセックスをする相手がいる」と答えた人は、全体で20.5%、
5年前の調査では21.3%でしたので0.8%減少しています。年代別にみると30代男性は25.6%→30.9%、
40代男性は26.1%→30.1%と増加しています。

出典:02 パートナー・セックスの回数・浮気 etc|ニッポンのセックス 2018年版

ですが、逆を言えば約7割の人は浮気をせず一生パートナーと一緒にいるのです。

では、なぜ浮気をする人がいるのでしょうか。
浮気をする原因として、次のようなことが挙げられます。

  1. パートナーに飽きた
  2. 束縛されるのがイヤ
  3. 自分のことを認めてほしい
  4. 家に自分の居場所がない

この4つ、全てに言えることは、「パートナーとこの先一緒にいることへの努力が足りない」ということではないでしょうか。

浮気の原因

浮気するほうが悪いのは大前提ですが、パートナーに飽きられないように自分磨き(内面・外面)をしたり、束縛せずパートナーを信じるということも大切です。
結婚生活は、相手への信頼がなければ成り立ちません。

また、いつもケンカしたり、蔑むような言動を聞いていれば、家に帰りたくなくなるでしょうし、自分を認めてくれる人へ気持ちが傾いてしまうでしょう。

もし、これらのことが当てはまる場合、もし浮気をしていたとしてもパートナーだけを責めることはできません。

浮気調査をする際、このまま結婚生活を続けるのか、離婚を視野に入れて調査をするのか判断しなければならない場面が出てきます。

まだ、パートナーは浮気をしていると決まったわけではありませんが、先のことを考える判断材料としても浮気の原因をしっかり心に留めておきましょう。

浮気の疑いがある場合はこんな言動をチェック!

自分の心理状態、特徴などを自問自答してみても、どうしても浮気への疑惑が晴れないという人は、パートナーの言動をチェックしてみてください。

これから解説する行動や態度が表れていたら、浮気をしている可能性が高くなります。

男性と女性では言動が異なりますので、それぞれ性別で分けて解説していきましょう。

あなたが知りたいのは?

男性編⇒このまま読み進めてください

女性編こちらへジャンプ

男性が浮気をしている時に現れる34の言動

男性

男性が浮気をしている時に現れる言動が34もあるの?!

…と驚かれたかもしれませんが、これは基本的なことですので、ほんの一部です。

性格によって表れる言動は違ってきますから、もっとたくさんあることでしょう。

ですが、言動を書いているとキリがないので、基本的なことを34個ご紹介していきます。

浮気をしている可能性があるパートナーと比較してチェックを入れてみてください。

携帯電話・スマホ編








所持品・服装編







仕事・人間関係編






お金の使い道編



態度や言葉、行動編










チェック結果

0/34個

女性が浮気をしている時に現れる25の言動

女性女性が浮気をしている時に現れる言動は男性に比べると圧倒的に少ないです。

その理由は、男性の場合一つのことに集中すると他のことが目に入らなくなりますが、女性の場合は一度に様々なことができるという脳の構造の違いがあります。

つまり、男性は「一つのこと=浮気」に集中していると他のことがおろそかになるため、態度や行動、言葉に出てしまうため浮気がバレやすいのです。

一方女性の場合、「一つのこと=浮気」に集中していても周りのことや他のことを注意して見ることができるため、態度や行動、言葉に表れにくいのです。

また、女性の方が土壇場での度胸が据わっている人が多いため、スマホを伏せて置いたり言い訳が長くなるようなことはほとんどありません。

女性は嘘をつくのが上手いというのも、これらのことがあるからでしょう。

そのため、女性の方が浮気がバレにくいとも言われています。

ですが、そんな女性でも浮気をしている場合、うしろめたさはあるので次のような態度や行動を起こすことがあります。

全ての人に当てはまることではありませんし、次のような態度や行動が出ないような人もいますが、パートナーの浮気が気になる方はチェックしてみてください。

携帯電話・スマホ編





所持品・服装編




仕事・人間関係編





お金の使い道編




態度や言葉、行動編







チェック結果

0/25個

浮気の疑惑が晴れない!自分で調査する?探偵に依頼する?

不安げな女性パートナーの浮気チェックをしてみてどうでしたか?

該当するポイントがいくつかあったという人もいれば、ほとんど該当するという人もいるでしょう。

もちろん、人それぞれですから浮気をしていなくてもチェック項目のような行動をする人もいます。

ただし、あまりにも該当項目が多い場合は浮気を疑った方がよいかもしれません。

では、該当項目が多かった場合、次の行動はどうするべきでしょうか?

まず、本当に浮気をしているのか調査することが大切ですが、自分で証拠まで掴むのか探偵に依頼するのかでも行動が違ってきます。

では、自分で調査する場合にどうすればよいのか、また探偵に依頼する場合は何をすればよいのかなどを解説していきましょう。

自分で浮気調査をする場合はどうすればいいの?

浮気調査を自分で行い証拠まで撮る場合、浮気調査に関することを勉強する必要があります。

たとえばこんなこと

  • 必要な機材は何か
  • 尾行や聞き込みはどうするのか
  • 証拠写真はどのように撮るのか
  • どんな写真が証拠になるのか

など、必要な知識を身に着けるだけでも大変です。

まず、必要な機材については、下記の記事で詳しく解説しています。

GPSを使う人が多いので、仕掛ける場所や使い方、どんな機材が良いのかなどを詳しく解説しています。
ぜひご参照ください。

GPS編
GPSのバレない活用術
素人でもGPSを使えば浮気調査ができる?選び方や使い方を解説

「もしかして主人(妻)が浮気してるかも…」と一度気になりだすと、なかなか疑いは晴れません。 どうにかして証拠をつかめないかと考えるでしょう。 そんな時、真っ先に考える手がかりが「パートナーの行動」では ...

続きを見る

最近では、アプリを利用する人も増えてきています。

こちらの記事では、浮気調査におすすめのアプリや使い方、注意点などをまとめています。

アプリ編
おすすめアプリ
浮気調査で使える最強アプリランキング!こんな使い方も有り

パートナーが浮気しているかもと感じた時、真っ先に気になるのが「スマホの中身」ではないでしょうか。 浮気をしている場合、間違いなくLINEやメール、電話などでやりとりしているはずなので、スマホの中を見る ...

続きを見る

また、自分で浮気調査を行う場合、プロである探偵に依頼するより調査がバレてしまう確率が高くなります。

なぜ自分で浮気調査をするとバレやすいのか、バレないようにするにはどうすればよいのか、体験談なども解説していますので、こちらの記事もご参照ください。

関連記事
浮気調査がバレた失敗例と対策
自分でやっていた浮気調査がバレた!対処法とバレない方法!

浮気調査を探偵に依頼するとかなりのお金が必要… ということで、自力で浮気調査をしている人、もしくはしようと思っている人も多いのではないでしょうか。 ですが、自力でやる浮気調査はバレやすいとも言われてい ...

続きを見る

自分で調査を行う場合、犯罪に繋がってしまう可能性もあります。
そのあたりもしっかり解説していますので、ぜひ参考にしていただきたい記事です。

探偵に依頼して浮気調査をする場合はどうすればいい?

自分で浮気調査をする自信がないという人は、探偵に依頼することになります。

ですが、探偵に依頼するにも

  • どこに依頼すれば良いのかわからない
  • どんな探偵事務所がいいの?
  • 探偵事務所と興信所、どっちがいいの?
  • 費用はどれくらいかかる?
  • 調査期間はどれくらい?
  • 探偵に依頼する前に何をすればいいの?

など、初めて依頼する人にとってはわからないことだらけです。

もはや、何から調べればいいのかもわからない…

順を追って説明すると、興信所か探偵事務所どちらに依頼すればよいのか、費用や期間、調査内容などは、下記の記事にて詳しく解説していますので、ご参照ください。


興信所編
興信所は探偵事務所とどう違う?
浮気調査は興信所でも依頼できる?内容や費用、探偵との違い

浮気調査と言えば「探偵事務所」と思われている人もいれば「興信所」と思っている人もいるでしょう。 もちろん、どちらでも浮気調査はできるのですが、一体何が違うのでしょうか。 もし、探偵事務所の方が費用が安 ...

続きを見る

次に、探偵事務所に依頼するか、興信所に依頼するのか決まったら、まずは無料相談から始めましょう。

興信所、探偵事務所共に、必ず無料相談があります。
あとは、上記の記事に書かれていた流れで調査が進んでいきます。

さきに読む

浮気調査を探偵に依頼するタイミングは浮気の疑いが確信に変わった時

迷っている女性浮気調査を自分で行うにしても探偵に依頼するにしても、必ず必要なのが事前情報です。

事前情報とは、

  • パートナーが浮気している曜日や日時
  • パートナーが浮気をしている可能性が高い場所
  • パートナーが浮気をしている相手がどんな人か

など、浮気の証拠を確実に掴むための情報です。

探偵に依頼する時は、これらの情報を提供しますし、自分で浮気の証拠を掴むためにも重要な情報です。

この情報を集めるということは、パートナーが本当に浮気をしているかどうかがわかるタイミングでもあります。

事前情報を集める際に、パートナーが本当に浮気をしていると発覚した時が、浮気調査を依頼するタイミングと見て良いでしょう。

ただし、事前情報の段階でパートナーに気付かれては全てが水の泡になりますので、事前情報の収集は慎重に行いましょう。

浮気の疑いがある時はパートナーの言動をチェックしてから浮気調査を

浮気を一度疑いだすと、確実にその疑いが晴れるまでは疑い続けてしまいます。
「浮気を疑う」ことで一番怖いのが、パートナーが浮気をしていなかった時です。

自分の心理状態や浮気を疑いやすい人の特徴をしっかり見直して、自分は当てはまっていないか自問自答しましょう。

この行動がとても大切で、自問自答をしなかったために罪のない相手を傷つけるだけではなく離婚の危機に直面します。

ですので、むやみにパートナーを疑うのではなく、まずは自問自答してから、どうしても浮気の疑いが晴れない場合は浮気調査を開始してもよいのではないでしょうか。

あわせて読みたい

考えた結果、それでも浮気しているとしか思えない、調査しなきゃ!…と行動をはじめる前に、ちょっと待ってください。

浮気調査は簡単なものではなく、バレてしまったり、プライバシーの侵害として訴えられてしまったりなどのリスクもあります。探偵を雇う人が多いのもうなずけますね。

探偵を雇うにしろ自分で完結するにしろ、事前知識をしっかりつけてから挑むことが必要です。

こちらの記事で浮気調査に関する情報をわかりやすくまとめていますので、調査を始める前にぜひご一読ください。

浮気調査の初動から基本、費用、調査方法など完全網羅!まとめ


-コラム

Copyright© 浮気調査NOTE , 2019 All Rights Reserved.